女性

PMSの症状は治せる|心の負担を軽くするために

多様な健康改善効果

メディシン

サポニンはアズキやゴボウに多いことで知られる健康成分ですが、そのほかにもオタネニンジンやトマト、漢方薬の原料となる柴胡など体に良いといわれるさまざまな植物に含まれています。サポニンは血栓を防ぎ血圧を調整したり、炎症や潰瘍を改善したり、精神面の健康を保つのに効果があります。

Read More..

糖尿病を防止する

ドラッグ

糖尿病の検査ではヘモグロビンa1cの値も気にしましょう。血糖値が低くてもこの値が高いと糖尿病の疑いがあります。これを下げるためには、適切な食事や運動を行うことが重要です。また、自分に合った健康食品を試してみることも大切です。

Read More..

不快感は緩和出来る

困る婦人

いつ起こるのかに注意する

PMSは月経前症候群とも呼ばれます。月経が近付くにつれ出て来る心身の不快な症状の事です。月経のおよそ10日ほど前から起こり始め月経開始と共に和らぐ傾向にあります。精神的に不安定になったり無気力になったりする人がいます。胸やお腹の張りを感じる人もいます。肌の調子が悪くなる人も多いです。人それぞれ症状は異なります。毎月起こるとも限りません。症状が重い人もいれば症状をあまり感じない人もいるなど様々です。PMSは近年広く知られるようになりました。テレビや雑誌などで取り上げられる事もあります。婦人科でも相談出来ます。症状が辛いと感じる人は専門医に相談すると良いです。PMS自体はそれほど心配要りません。しかし病気が原因で似た症状が起きている可能性もあります。不快感が生理の周期に伴うものでなければ病院に行った方が安心です。

日々自分で出来る事もある

PMSには生活習慣や食生活が大きく関係していると考えられています。症状を緩和したいなら早寝早起きや適度な運動などが大事です。ストレスを溜めない事も重要です。ビタミンB6やカルシウム、マグネシウムなどを多く含む食材を取るのも効果的です。精神を安定させストレスを和らげる効果があります。血行を良くするビタミンEも良いです。女性は1か月の間に女性ホルモンの分泌量が変化します。この変化とPMSは大きな関わりがあります。同じ人でも症状が毎月変わるのは月によりホルモンバランスが異なるからです。バランスの崩れ方が大きいとPMSが重くなりがちです。イソフラボンは女性ホルモンの働きを整えてくれます。PMSや生理不順や生理痛などにも効果を発揮します。大豆製品に多く含まれている為献立を工夫すれば無理なく取れます。ビタミンやイソフラボンなどはサプリメントでも手軽に取れます。ただ症状がある場合は医師や薬剤師に相談してから飲む方が良いかもしれません。規則正しい生活や有効な栄養素の摂取が身体を変えます。

手軽に摂取できる方法

錠剤

乳酸菌を継続的に摂取することは難しい人には乳酸菌サプリがおすすめです。普通のサプリメントと同じで食後などに服用することになりますが、継続してできるものを選択することが大事です。数か月継続して飲み続けることで初めて効果が出るのです。

Read More..